病気と口臭の関係

病気と口臭の関係

臭いとは、感じ方が個々によりそれぞれ違意があります。
たとえば今から説明しようとしている”その臭い”を第三者ににどんな臭いなのか言葉で説明しようとしても、
それは、抽象的過ぎてほぼ不可能に近いそうなんです。

また、自分や他人の体臭に関して、それが気になる人、まったく気にもならない人がいます。
自分の体臭を気にしていない人の中には、実際はかなりの臭いを放っている場合もあります。

特に口臭の場合です。中でも「虫歯」や「歯周病」を煩っているひとが臭いを発している口臭の場合は、
本人には気がつきにくいことが多いのですね。

まわりで接している人にはかなり気になってしまう臭いなのですが、本人がまったく気づいていないため、
本人にもいいずらく、当の本人は、歯科を受診することもないので、臭い(病状)は悪化の一途をたどってしまいます。

くさい口臭の原因には、虫歯や歯周病のほかにも、舌苔(ぜったい)や糖尿病や腎臓の病気、呼吸器系の病気、
喫煙、食生活が起因するものなどがあります。

食べ物が原因の臭いであれば時間が経てば自然に消えますし、歯磨き等の予防で防ぐこともできます。
それに周囲の人も、気を使うことなく「昨日餃子食べてきた?」などと伝えやすいものです。
一方、”病気が原因”と思われる場合には、本人にもあまり突っ込んだ指摘はしにくいもので、
口臭が治療を必要とするサインになっていることもあります。

他人の口がにおう時、それを伝えるのは非常に気を使うことだと思います。
しかし、あまりに臭いが強い場合、においを発している人が、治療の必要な何か病気を持っているなんてことも
ありえます。その人の健康を思うなら、身近な家族や親しい人が”アドバイス”してあげるが大切かもしれませんね。