年齢と口臭予防

年齢と口臭予防

どんな方でも人である限り年をとってくると、自然に体臭は強くなっていきます。
これから高齢者社会になっていき、寝たきりにで、誰かの手助けがなくては
スムーズに生活が送れない人にとって、
「”自分の体の臭い”が周囲に迷惑をかけていなだろうか」と、とても気になり、
時には深く傷ついてしまう。何てことも増えてくるように思います。

もちろん、慈愛の気持ちで介護する側にとっても、においは気になるものです。
この臭いとどう接していくかと、いうのは毎日の介護生活の中でずっとついてまわる問題となり、
悩みの種となっているでしょう。

自分では、体がスムーズに動かせないお年寄り本人の気持ちになり、
介護する人が上手に”おいのケア”をしてあげることで、本人も介護者も不快に思うにおいは軽減できます。

一つ例を挙げるなら、口臭です。
年を重ねると唾液の分泌量が減ってくるため、食べ物の”カス”が口の中に残り流れにくくなったり
舌苔(ぜったい)もたくさんつくようになります。
また重要なのは、「入れ歯」ですね、入れ歯は雑菌が付着しやすいので、しっかり手入れをしないと、
臭いのもとになってしまいます。

「歯磨き」がうまくできないおじいちゃん、おばあちゃんの場合でも、
食後は口の中の食べ”カス”を取ってあげる必要があります。

そんな場合は、「介護者の指」にガーゼを巻きつけたもので、
口の中を拭うとよいですよ。
まれに、口の中から血が出ている場合もありますので、
「血液感染」を避けるためにも素手で拭うのは避けるべきです。

「舌苔」については、市販で専用の”ブラシ”などがあります。
そちらをつかってもよいですが、スプーンのふちでそっと拭ったり、
食べカスをふき取る際にガーゼで一緒に拭っても効果はあります。
力を入れすぎないようにしましょう。
また、いっぱい、おしゃべりをしたり歌を歌って口を動かすことで唾液の分泌も促されます。
口がにおうから、といっていつも口を閉じていとのでは、口臭予防的に逆効果となってしまうのです。