口臭と唾液

口臭と唾液

『あなたは自分の体の部分で、一番気になる匂いはどこですか?』こんな質問をしたところ、
「口臭」、「足の匂い」、「汗の匂い」という答えが多かったそうです。

特に「口臭」については、ほとんどの方が、大変気になると答えています。

自分の口臭に、日ごろから不安を持っている人は7〜8割ぐらいいて、
逆に、他人の口臭が、時々気になるという人は、8割以上いたそうです。

他人と接する中で、顔と顔をつき合わして話をすることは避けることはできません。
ですので、どうしても”口の臭い”は気になってしまうのでしょう。

口臭には、自分で”かいで”みると匂いが気になるのに、実際にその口の臭いを計器で
測定してみると”通常の範囲内”なんてことが多々あるようです。

普段から、身だしなみや体臭に気を遣う神経質(生真面目)な人が、
『自分は、絶対に匂いがきつい(口)』と思い込んで(実際はそうでもない)歯科に訪れる
こともあるようです。

人間である以上、口臭は誰にでも、現れる症状です。
体力を使って”唾液”の分泌が減ったときや、
朝起きた時、食事をした後の2〜3時間たった時などは臭いがでるものです。

このようなことが”必要以上”に気になってしてしまうのですね。
こういった場合の口臭は、口からの風圧がかかるほど、接近して話しをすれば別ですが、
ほとんど、周囲の人には感じられないぐらいの匂いなので、気にすることはないのです。

あまり神経質になりずぎて、食後に慌てて”うがい”することも、
匂いが気になり過ぎて、誰一人と口を聞かずに食事後の楽しい時間を過ごすこともありません。

食事が唯一の楽しみという人もいるぐらい食事は楽しみのひとつです。
「楽しく感じて時間をすごす」ことによって、”唾液の分泌”もより促されるようですよ。

それでも、匂いが気になるようなら、
食後、口に残った食べ物を流すという意味も含めて”お茶”などを口にしておけば、
急いで”うがい”をするために洗面所へいかなくてもよいでしょう。