口臭を予防する

口臭を予防する

自分の体臭、特に口臭を気にしている人は意外と多いということは先にもお話しましたが、
では、口臭はどんなときに匂いが出やすくなるのでしょうか。


【口の匂いが気になる時】

「朝起きた時」「空腹時」「歯磨きをした後」などがあります。
食事の後に、歯磨きやうがいなどの口臭ケアをまったくしないでいると、
”口腔内”に細菌が繁殖を始め口の中が不潔になり、細菌が食べカスを”分解”して”ガス”を発生させるために
、それが口臭の原因となります。

また、本人が気がつきにくい例として
「ストレスや緊張やで唾液の分泌が減ってしまう時」
「歯ぐきに炎症の症状がみられる時」
「虫歯や歯周病の時」などがあります。
などがあります。

これらの口臭を防ぐためのケアは普段からできるんです。
まず、なんといいましても”歯磨き”は基本ですね。

勤務中などで、忙しく、歯磨きができない時には、
口臭を和らげる効果のある”ガム”や”キャンディー”を携帯したり、
お手洗いに行くついでに、”うがい液”などを使用するのもよいいと思います。

砂糖が入らない”ガム”を噛むことで、唾液の分泌を促す効果もあります。
また、食事中や食後に”消臭作用”の効果が認められる「緑茶」を飲むのもいいでしょう。
さらに、空腹の時は、口臭ケアとして、”水”を飲むこともいいようです。

近年では、朝食を摂らない方が増えているようですけど、
朝食を摂ることが、午前中の口臭を抑えられることに繋がりますので、
朝は必ず何か食べてケアしたいものです。

また、虫歯や歯周病のあなたは、歯科医院での受診が必要となります。