ワキガって病気?それとも体質?

ワキガって病気?それとも体質?

第三者に「匂い」の種類を説明するという事はとても大変な事です。
理由は、人それぞれ匂いの感じ方が異なるからにほかなりません。
あなたは、どういう匂いなのか、相手に説明して分ってもらう自身がありますか。

また、音や色のように、
はっきりとこの色この音と分けられるものでもなく、
どちらかといえば「○○のような匂い」としか答えられませんね。

しかし、表現があいまいなものであるがゆえ、
”自分の体臭”が周りの人に迷惑をかけているかもしれない、
と悩む人が出てきてしまうのです。

”体臭”に悩む人の中で、特に脇の臭いを気にする方がとても多いようです。
ですが、普通の”汗のにおい”と俗に言う「ワキガ臭」の区別がつかず、
『もしかして・・・僕、私はワキガなのかな?』と思い込み、
悩んでしまうことはよくあることなのです。

ここで本題の、”仮に本当のワキガであったとして”、
果たして「ワキガ」は病気なのでしょうか?
この質問に対する答えは「NO」です。

”ワキガ”は病気ではありません。個人が持つ”体質”なのです。
人間の汗腺には、”エクリン腺”と”アポクリン腺”の2種類があります。

普通の場合、人は「体温調節」の為にエクリン腺から汗を出しますが、
この”汗”はほとんどが水分で、微量の塩分が含まれているだけです。

一方、アポクリン腺からの分泌物には、”タンパク質やアンモニア”も含まれ、
それらの成分が、皮膚表面の””により分解されてワキガ特有のあの匂いを発ッしているのです。
ですから、ワキガ体質の方は、アポクリン腺の量が関係しているのですね。

アポクリン腺が多く存在する場所は、脇の下、股間、外耳道、乳輪部、などです。
人類が誕生してから、人が持っていた”臭腺”の名残であるとされています。
人間の進化の過程で失くなってきたものなのです。

今では、清潔な世の中になり、汗は”不潔”なものとの考え方が定着していますので、
汗より”強い臭い”を発っしている「ワキガ」が差別的な”嫌悪感”を持つ人が多いのは事実ですが、
アポクリン腺の数が一般的な数より多いだけであり、決して「病気」ではないことを覚えておいて下さい。