体臭とダイエットの関係

体臭とダイエットの関係


いつまでもお美しく、健康な体でいたいと思うのは、皆さん共通するとこです。
女性だけという事でもなく、男性だって健康管理の観点からも、
ダイエットの経験が一度はあるのではないでしょうか。しかし、気をつけてください!
「間違ったダイエット」をすることで、体臭がキツクなってしま場合があります。


”ダイエット”といえば、
本来ならば、「食事制限」をしてカロリー摂取を控え、それと同時に体を動かす事で、新陳代謝をアップさせて
エネルギーを放出しなくてはなりません。


ですが、運動の方はおろそかになりがちで、どうしても食事制限だけで、カロリーを落とそうとする人が多く、
そうなると、体は摂取カロリーの減少による”エネルギー不足”に対応するために、
基礎代謝を下げてしまい、結局、さらに痩せにくい体質を作ってしまうのわけです。


食事制限を始めると、
空腹からくる”口臭”が感じられるはずですが、
この症状は、ダイエットるすしないに関係なく普段からあるにおいなので、特別気になるものではありません。

ですが、”過激な食事制限”をはじめると、
運動不足と連動して、代謝の低下を招き、熱量をスムーズに作れなくなり血液の流れも悪くなってしまいます。


すると、体は普通と違った経路で”エネルギー”を補充しようとし、「副産物」
としてできた”乳酸”が”アンモニア”と一緒に汗の中に入り、体臭自体にアンモニア臭が混ざってくるのです。


さらに、間違ったままダイエットをしていると、血液中に「ケトン体」が増えてきます。
ケトン臭は”甘酸っぱい”においが特徴で、吐く息から口臭として発し、
汗から体臭として発し、尿の中にも排出されるのです。


この段階になるとダイエットしている本人も周りの人も、その臭いに気づくようになります。
残念ながら、このにおいが、原因が間違ったダイエットのせいだとはなかなか気づけないようです。


激しい食事制限だけで体重を落とそうとしている人は、何かいつもと違うにおいがしているなと感じたら、
それはダイエットの仕方が間違っていますよ、と体が発しているのかもしれません。
食事の内容を考えてバランスよく食事を摂り、体の代謝を低下させないためにも、
運動をよくして、筋力を落とさないように気をつけてください。