体臭と酢の効果

体臭と酢の効果

水虫で足の先が痒い人が、バケツなどにお湯を張って、その中に”お酢”を入れて、
足湯をする、なんていうことを聞いた事がありませんか。
そのときに入れる「」ですが、体臭を抑える効果もあるんですよ。

水虫の細菌もそうなのですが、普通、細菌というのは「アルカリ性」を好みます。
それは「酸性」に弱いからなんです。

ですから、”酢”を入れたお湯に足を浸すと、水虫の症状がよくなったり、
足の匂いを抑えたりする効果があるのです。どのくらいの”酢”を入れるのかというと、
バケツいっぱいのお湯に対して、食酢であるなら、「キャップに一杯」程度が適量だということです。

また、炭を焼くことで作られる「木酢液」というものも市販されているますね。
こちらの場合は”酸性”が強いので、バケツいっぱいのお湯に対して、ほんの数滴混ぜれば十分ですよ。

足の匂いに限ったことではなく、「体臭」についても酢の効果は認められていて、
お風呂に入るときなど、入浴の少し前に、酢を浴槽のお湯に入れるのです。
入れる量は、グラスに半分ぐらい(80CC前後)(※浴槽の大きさによる)、
わずかな量ですので、浴槽に酢のにおいが充満することはありません。

逆に、爽涼感が漂う感じがすると思います。(個人差あり)
こうしてお風呂につかると、酢に含まれる「クエン酸」の効果によって、
肌を「弱酸性」に保つことが出来るために、”雑菌の繁殖”を抑え、体臭を防ぐことができます。
さらに、開いた”毛穴”からクエン酸が入り込むと、アンモニア臭のある汗の匂いを抑えることもできます。

食生活に問題があったり、血液の流れが悪くなったりすると、
体内にアンモニアが増幅して汗が”くさくなったり”しますので、
そのようなときには一度「お酢風呂」を試してみてください。