ミョウバンの消臭力効果

ミョウバンの消臭力効果


現在では、匂いが”無い”ことが、よしとされる傾向にありますね、要するに、無臭化というやつです。
ですから、デオドラント市場は花盛りといった具合です。

デオドラント製品(スプレー・石けん)など、また、サプリメント消臭効果のあるシャツや靴下など・・・
涼しい季節は、自分の体臭がさほど気になりませんから、冬や秋は匂いを気にしていない人であっても、
熱い季節(夏場)の”汗をかく時期”には、制汗スプレーをはじめとする、体臭防止グッズを使ったことがある、
という人もいるはずです。

そんな中、「ミョウバン」が匂いを消してくれる効果があると評判になりました。
ストアーの「漬物コーナー」付近置かれる、1個100円程度の「ミョウバン」
が、まさか体臭に悩む人にとって有効なものだとはね・・・

「ミョウバン」の体臭に対する効果はどのくらいあるのでしょうか。
よく言われるのは、

ミョウバンを水に溶いて「ミョウバン水」を作り、
それを”コットン”などに浸して、足やワキなどの部分を拭く、
あるいは”ミョウバン水”を臭いそうなところに向きかけるなどする方法があります。

ミョウバンは、水に溶けると”酸性”になる特徴があるそうです。
そのため、ミョウバン水を皮膚にスプレーすることで、皮膚表面が”酸性”となり、
皮膚表面の匂いの元となる「雑菌の繁殖」を抑えられるというのです。

雑菌の繁殖を抑えることができれば、汗が分解されて匂い発生させることも予防できるのです。
また、汗臭さというのは、「アンモニアの成分」が関わっているのですが、
アンモニアは”アルカリ性”のにおい成分であるため、
ミョウバン水の酸性と中和して、汗臭さを抑える効果も認められています。

ミョウバンは、昔からある身近で手軽なデオドラント剤なようですね。