重曹の消臭力効果

重曹の消臭力効果

よくテレビで、家事(主にに掃除などで)をする際に”重曹”を使うという方法が紹介されていますね。
書店にも、重曹を使ったお掃除法などの書籍が数多く置いてあります。


「重曹の力」が、台所をピカピカに磨く洗剤代わりに、生ごみの匂い消しに、
洋服のシミ抜きに、と、大変役に立っています。
スーパーや薬局などでも「重曹」が比較的、目立つところに並べられられていますね。

台所で、消臭パワーが認められているのなら、「体臭対策」にも効果を発揮してくれるのではないか?
と考えるのが自然の流れ?。

重曹には、”アルカリ性”の性質があるため、
生ごみや冷蔵庫に発生する”酸性”の匂いに重曹を使う事により、中和反応がなされ、「無臭化」できるのです。

「体臭」についても同じ考えで、体の表面から分泌されるニオイの成分には、
”酢酸”など酸性の値を示すものが多いので、重曹との中和反応により、匂いを減らすことが期待できます。

このように、”酸性”匂いには効果的であると考えられます。
また、重曹には「殺菌作用」もあるんです。

普通、皮膚の表面にいる匂いの元(雑菌)は、酸性に弱いために、
酢水で足を洗ったり、スプレーしたりすると雑菌の繁殖を抑えられるのですが、
逆に、アルカリ度が強いとしても、雑菌は繁殖しにくいのです。

使い方は、重曹を水にとかしてから、匂いの気になる部分に塗布したり、
ワキであれば”直接”重曹の粉をはつけてもよいかと思います。

重曹は、お菓子やパンの膨らし粉としても使われるものですから、
体に害を与えるような事はありませんから、体臭を抑えるために使っても大丈夫です。