便のにおい

便のにおい

便秘をすると体臭が便のにおいになる、という噂を耳にしたことがありませんか。
便が腸に長い間とどまっていると、便から発生するガスが体内に吸収され、
それが汗、皮脂と一緒になって体臭として周囲ににおいを放ってしまうとか・・・


そもそも、なぜ便のにおいは臭いのでしょうか。
それは、便には腐敗物が含まれているからです。
腸に長くとどまれば、その分腐敗は進み、においも強くなっていきます。


また、よく噛まずに飲み込むと便は臭くなります。
これは、本来なら口の中で噛むことで唾液の酵素により分解されてから胃に行くべき食物が、
その段階を飛ばして胃に下ろされ、消化不良を起こし、腸で栄養として吸収されずに
腐敗材料となってしまうからです。


また「ストレス」も便臭を強くする原因の一つになっています。
ストレスを感じると、胃や腸の酵素の働きが狂ってしまったり、腸の動き自体も鈍くなってしまいます。
そのため腸の中で、食べた物の腐敗が進んで臭いが強くなってしまうのです。


便のにおいを少しでも軽くするために、食べた物をいつまでも体内にとどめておかないことです。
栄養のあるものを「楽しいな」「おいしいな」と感じながら、よく噛み味わってから飲み込んでください。
食物繊維の豊富なものなら、自然によく噛んで食事を摂るようにしましょう。
また、水分も十分にと摂りましょう。


食事の時間は楽しい時間であるべきです。
ストレスを感じることなく、ゆったりと楽しく食事をし、からだに栄養を十分吸収させ、
よい便が出るようにしましょう。