ストレスによる体臭の関係

ストレスによる体臭の関係

体臭の予防を考えた時に、ストレスは受けとめずに、なるべく放出してやることが大切です。

なぜなら、ストレスは身体のニオイを強くする大きな要因の一つだからです。 特に、
「皮脂腺」からのニオイ物質の産生を大量に増加させるといいます。

ストレスを受けますと私達の身体は副腎という臓器から副腎皮質ホルモンや男性ホルモン、
アドレナリンといったホルモンを大量に放出さます。これらのホルモンは皮脂腺の皮脂の分泌を
盛んにするため体臭の原因となります。

またこれらのホルモンは皮膚の「角質層」の新陳代謝をも盛んにし、角質が厚くなり、
皮脂腺の導管を閉塞させてしまう恐れがありますので、盛んに分泌される皮脂が皮脂腺になかで溜まり、
活性酸素が発生しやすい状態になります。

活性酸素は脂質を酸化させ過酸化脂質をつくりますので、この過酸化皮質も脂質を酸化し、さらには、
活性酸素をつくりさらに過酸化脂質が増加するという悪循環になります。これは、自動酸化といって、
実はニオイの原因物質である短鎖の脂肪酸などがもっとも増加する原因となるようです。

体臭対策としてはストレスはもっとも避けなければならない要因といっていいでしょう!

体臭を気にしている人は,ご自分の臭い自体が対人関係の中でストレスになることも多いですから、
注意が必要となります。