ダイエットによる体臭・口臭の関係

ダイエットによる体臭・口臭の関係

「ダイエットでの気になる臭い・・・」

急激なダイエットや食事制限で体臭や口臭を強くすることは事実のようです。
朝食や昼食を抜いた時の空腹時に口や体から甘酸っぱいニオイが漂っているのを感じた経験
をしたことが無いでしょうか?

このような不規則な食生活から、体臭を発することがあるようです。


ただ、実際にダイエットをしている人は、ダイエットに夢中でそのとき発せられている”臭い”は
あまり気にならないようです。自分のニオイに慣れてしまい意識していないというのが現状です。

それでは、なぜこのようなニオイが生ずるのでしょうか。

ダイエット時に、臭いを発散させる一番の原因は、間違ったダイエットをしているせいだと言われます。
そもそもダイエットは食事の摂取カロリーを減らすとともに、
運動で代謝をアップするものですから、食事だけを極端に制限してやせたとしても、
それは体の筋肉や水分が落ちて体重が減っただけのことも多いということです。

ダイエットの時に発する臭いの発生・・・

食事制限により炭水化物やたんぱく質の摂取不足が生ずると、
体はストックしておいた中性脂肪を燃やすことでエネルギーを得ようとして、
中性脂肪をニオイ成分でもある「脂肪酸」に分解する。

ところが、急激なダイエットや運動不足で脂肪酸が完全燃焼させずに、余分の脂肪酸が血中に増加してきます。
これが汗や皮脂とともに体外に出ると、油っぽい脂質系のニオイがしてきます。

しかし、この臭いは、さほど強くないため、この時点では、体臭としては気がつかれないことが多いようです。
むしろ、ダイエットによる空腹状態が唾液の分泌を低下させ、
「口臭」として感じられることが多いようです。

それでは、ダイエット臭をださないためにはどうしたらよいのか?

まず大切なことは、体の新陳代謝をアップさせるこということなんです。
ダイエット時に臭を出さずにダイエットを成功させるためには、常に体の新陳代謝を高く維持しておかねばなりません。

そのために最も効果的なものが「有酸素運動」なんですね。
20分以上の持続的運動が理想といわれ、最近は「こまめに動く」だけでも効果があることが分かってきようです。
体をいつもキビキビと動かしているだけも代謝は高まるようです。