口臭のチェック方法

口臭のチェック

臭いというのは不思議なものです、いつも同じにおいを嗅いでいると、鼻が慣れてしまって
何もにおいを感じなくなることもあるのです。

例えると、「ペットの臭い」ペットを飼っている人は、いつもそのペットと一緒にて生活を共にしているため、ペットの臭い(動物の体臭や排泄物のにおい)に慣れてしまいますが、他人がその臭いを嗅ぐと”不快なにおい”と感じて
しまいます。人間にしてもそうなんです!

ご自分の臭いは、常に自分にまとわり付いているわけですから、その臭いに慣れないわけがないですね。
そのため、自分自身の体臭が周囲に”不快”な思いをさせていても、当の本人は全然気づかないという事がおきてしまうんです。

つらい話ではありますが、誰かと話すとき、なぜか相手が手で鼻をふさぎ、
正面をみて話をしてもらえない、などという経験がありませんか?
逆に、たまに、話をした相手の口臭がすごく気になったりすると、
「この臭いは、もしかして自分の口臭?」と気になったりしませんか?

【自分の口臭チェック方法】

自分自身の口のにおいをチェックする方法は、コップやビニール袋に息を吹き込んで蓋をして、
少し時間を置いてそのにおいを嗅いでみる、という方法があります。

また、既製品でも、口臭をチェックする小さな機械も販売されています。
この機械は、口臭の原因となる「揮発性硫化物」という口臭原因の成分を
センサーによりキャッチして、口臭のレベルを測定するそうです。

個人差があるようですが、測定値が上がったり下がったりする人もいるようで、この原因として、
臭いの強いものを食べた直後や起きぬけに測定すると、レベル値が高く出るためです。

そのほか、虫歯などによる臭いもチェックする必要があるようです。また、
舌苔(ぜったい)がびっしりついていないか、歯肉炎や歯槽膿漏(しそうのうろう)になっていないか、
内臓に何らかの”疾患”がないか、などなど・・・

さらに体調によっても口臭の強さや臭いの種類も違って来るようですので、あまりに臭いが気になる方は、
一度、歯科、口腔外科を受診されるのもよいかもしれませんね。