口呼吸と口臭

口呼吸と口臭

近頃では、口呼吸をする人が増えています。
ある大学の教室では、講義中に”ペットボトルのお水”いつも携帯している人
がとても多いということです。
これは、口やのどが渇くために、いつも口を潤すためにもっている、つまり、
「口呼吸」をする人(特に若者)
が増えてきているためではないか、といわれています。

鼻がつまっていたりして、どうしても”口”でしか呼吸できないときもあるでしょう。
ですが、いつも口で息をしていると、体にとってはあまり好ましくありません。
理由は、体臭の中でも悩む人が多い「口臭」が強くなってしまうからなんです。

まず、口腔内の病気である歯周病や虫歯によるところが多いのも事実ですが、
口呼吸をしていると、虫歯や歯周病になりやすい環境が作られてしまうのです。
それはなぜか?これは「唾液」と大きく関係しています。

「唾液」というのは、口の中に残った食べ物のカスを洗い流したり、
「酸性度」を一定に保つなどの役割を果たしています。

食事をした時の口の中では、食事の際に出た、食べ物のカスによって虫歯になりかけ
るのですが、それを唾液が治すというサイクルが繰り返されているのです。

口呼吸をしていると、この分泌された唾液がすぐに乾いてしまい、
唾液の”役割”が効果を得られず虫歯や歯周病を進行させてしまうことになるのです。

自分の体臭にお悩みのかたは、その部分や臭いによって対策方法は違ってきますが、口臭
で悩んでいる人は、「口呼吸が原因」となっているということも考え、そこから改善して
いくのがよいかと思います。

口呼吸を治すには、ガムを口を閉じて毎日1時間ほど噛むと効果があるようです。
注意:シュガーレスのガムのほうがいいですね。