体臭の種類

体臭の種類

自分の体から出る匂いや、周りの人達(職場の同僚・家族)から発する体臭に、
お悩みの方も多いのではないでしょうか。

臭いというものは目には見えませんが、それが我慢の限界を超える臭いだった場合には、
周りの人に確実に(精神的・時には身体的にまで)不快な思いを与えてしまいます。
又、母親が子どもの世話をしているときに、体調の異変に気がつくのは、
少なからず、子どもから発する体臭がきっかけで発見できたということもあります。

体臭と一言でいいましても、その臭いが発生する部分は頭から口、足、脇の下など、全身のあらゆるところに
存在します。さらには、「臭い」が発生する原因や、臭いの強さも様々であるのです。

まず、頭(頭皮)です!
頭皮の皮脂の酸化が進んでいくと、”汗”をかいて高温多湿となり細菌が繁殖しやすい環境が
出来上がり臭いが出ることがあります。
髪の毛も、その構造上、臭いを吸着させやすくなっているんです。
焼肉店などにおいがきついところにいたり、タバコの煙がモウモウとしているところにいれば、
「髪の毛に臭いが残ってしまった」なんてことはよくありますね。

口の臭い場合は、これは「口臭」と呼ばれていますね。
食べたものが関係して発生する臭いと、体調不良からくる臭いがあります。
ここでいう体調不良には、虫歯、腎臓、肝臓の病気や、歯肉炎なども含まれます。

わきの下の臭いといえば、「ワキガ」が思い浮かぶでしょう。
ワキガは、単純に汗くさい臭いではなく、わきの下などにある「アポクリン腺」という汗腺から
でる汗の成分が空気に触れて変質し、細菌によって分解されて臭いが発するものです。
人間にはもうひとつ「エクリン腺」という汗腺もありますが、
こちらは、全身にあり、ここから出てくる汗に臭いはありません。

次に、足です。
特に夏場、靴を脱ぐと、自分の足ではありますが、何とも言いがたいムァッとした臭いに、
思わず顔をしかめたくなることもありますよね。

足には上に述べた「エクリン腺」が多くありまして、汗をよくかくようになっています。
汗自体にはそんなに臭いがないのですが、靴の中という高温多湿の環境の中で繁殖した
”雑菌”が汗や皮脂を分解し、臭いが発生してしまうのです。

また、あまり意識されないところが耳の臭いです。耳にも臭いがあります。
特に乳幼児で耳の臭いや耳垂れがあった場合、それが「中耳炎」などの病気のサインである
かも知れません。

このように体臭にはいろいろな原因、部分があることを知っておけば、
あなたに合った予防法、対策方法も見えてくるのではないでしょうか。