加齢臭の原因と予防対策

加齢臭の予防と対策

加齢臭の原因については、先にも説明しました。
それでは、加齢臭を予防するにはどうすればよいのでしょうか。

加齢臭は、脂肪酸と活性化酸素によって発生します。
特に、活性化酸素は、加齢臭だけでなく、
生活習慣病にも弊害をもたらす物質でもあるんです。


この活性化酸素を防ぐには、抗酸化差作用のあるサプリメントが
効果的です。

また、抗酸化作用のある食物を食事の時に摂取することが、
サプリメントを取り入れる以前に大切な事だということは、
言うまでもありませんね。

それでは、どのような食品が抗酸化作用があるのかと言いますと、
こちらにあげる食品が抗酸化作用が高い食品の一例です。

緑茶、ゴマ、トマト、ブルーベリー、パセリ、かぼちゃ、にんじん、など、

緑黄色野菜類が抗酸化作用があることが分かりますね。
緑黄色野菜は加齢臭の原因である脂肪分を包み込んで排出してくれる作用が
あるため、積極的に取り入れたいものです。

これらは極力摂取に努める食品ですが、活性化酸素を防ぐには、
体内に摂取しないほうがよい食品もあります。

「ナノナール」を発生させる「過酸化脂質」は動物性タンパク質から
作られるため、脂肪が多く含まれる”脂っこいモノ”肉”などは、
控えるほうがよいのです。

また、ストレス、酒、タバコなども活性化酸素を活発にするため、
気を付けることが大切です。